慎ちゃんの保険・発見

アクセスカウンタ

zoom RSS 「慎ちゃんの保険・発見」コラム2016年2月号

<<   作成日時 : 2016/02/05 08:32   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

--- コラム --

2016年1月がスタートして早々に大きなニュースがありました。政治面では甘利前経済再生相の現金授受問題により辞任、そのタイミングで日銀がマイナス金利を発表しました。
では、このマイナス金利が我々庶民の生活にどのような影響を及ぼすか話してみたい。

0.1%のマイナス金利になると、例えば銀行が日銀に1億円を預けると、1年間で10万円引かれ9,990万円になってしまうのがマイナス金利。ではどうして日銀はマイナス金利にしたのか?日銀は平成25年4月以降、巨額の国債を買い入れ、銀行にお金を供給してきましたが、銀行は日銀に預けて企業や個人に融資など貸し出しをそれほどしてこなかったのです。

それやったら景気刺激策や〜、マイナス金利にしたったら企業や個人にお金を回すやろ!としたのが今回の策です。

ですから我々が銀行に預けているお金はマイナス金利にはなりません、住宅購入の金利は下がる可能性もあります。
しかし銀行は今まで以上にコストがかかる理由から貸出金利を上げてくるかもしれません。
先ずは動き出したのは株価と為替、株価は今までお話したように資金が回るとの予測で買われ、為替は色々な思惑、例えば円より他の通貨を買った方が金利が取れるので円を売る動きや、資金が回ることでインフレになり円安などの理由で円安。
次に動きを見せたのが投資信託です。投資信託には債券・不動産・株式とそれぞれに投資するものがありますが、今回の動きで国債などを運用するMMFで3つの商品が引き受け停止になりました。

1月の記事にも書きましたが相場格言に「申年は騒ぐ」とあります。早々に騒いでくれてますね。(記2月1日山中)

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「慎ちゃんの保険・発見」コラム2016年2月号 慎ちゃんの保険・発見/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる